TOP > 電動車椅子サッカーとは

電動車椅子サッカーとは

 電動車椅子サッカー(パワーチェアーフットボール:世界的呼称)は、電動車椅子を使用したサッカー競技です。重度身体障害者に数少なく残された機能「手・足・口・顎」などを使って電動車椅子の操作ができ、身体障害者手帳を持っている方なら、老若男女を問わず誰にでも興奮に充ちた満足感を味わうことのできるスポーツです。
 試合にはバスケットボールのコートを使用し、1チーム4名(ゴールキーパー1名を含みます)、前後半各20分(休憩10分)で行います。
 電動車椅子サッカーのスピードは国際ルールで時速10km以下(国内ルールは時速6km以下)と決められていますが、体感速度は自転車のようなスピード感で、前進や後進、電動車椅子ごと回転させてのパスやシュートなどを繰り出し、ボール(直径32.5cm)を巧みにコントロールし、迫力あるプレーを展開します。
競技規則
電動車椅子サッカー(パワーチェアーフットボール)のルール概要
パワーチェアーフットボール競技規則2010 Ver.2.01(日本語版)