TOP > チーム紹介

チーム紹介

 奈良クラブ ビクトリーロードは1994年に関西で2番目のチームとして誕生しました。
 翌年の1995年に名古屋で開催された日本電動車椅子サッカー選手権大会に初出場し、その後、毎年開催されている全日本選手権大会に参加している唯一のチームです。
 全日本選手権大会では、これまで全国制覇5回、準優勝5回の結果を残しています。
 選手兼監督の大代裕之を筆頭に、中学生から30代のメンバーとスタッフ・家族が一丸となって6度目の全国制覇を目指し、日々の練習を切磋琢磨して頑張っています。
1994年6月
「ハンタ−キラ−ズ奈良」として、関西では2番目のチ−ムを結成
1994年10月
NHK教育テレビ「明日の福祉」制作(撮影)のため、大阪ロ−リングタ−トルと初めての練習試合を行う。その後、チ−ム名を「ビクトリ−ロ−ド奈良」に改名する。
1995年6月
名古屋で行われた全国電動車椅子サッカ−全国大会に出場。以後の日本電動車椅子サッカ−選手権大会に毎回参加する。
1995年9月
全国電動車椅子サッカ−連絡会の結成会議に参加。
1997年8月
三重で行われたサマーカップ・in・三重で大会での初優勝を達成する。
1998年5月
日本電動車椅子サッカ−連盟関西ブロック電動車椅子サッカー連絡会に参加。
2002年10月
第8回日本電動車椅子サッカー選手権大会で悲願の全国制覇を達成する。
2003年10月
第9回日本電動車椅子サッカー選手権大会で2連覇を達成する。
2007年10月
第13回日本電動車椅子サッカー選手権大会で3度目の全国制覇を達成する。
2009年9月
奈良市を拠点としてJリーグ入りを目指してい る「奈良クラブ」の活動コンセプトであるスポーツを通じた「夢づくり・町づくり・人づくり」に賛同し、同じ奈良クラブとして活動することとなる。併せて、チーム名を「奈良クラブ ビクトリーロード」に改名する。
2010年12月
第16回日本電動車椅子サッカー選手権大会で4度目の全国制覇を達成する。
2016年10月
第22回日本電動車椅子サッカー選手権大会で5度目の全国制覇を達成する。
以後
現在に至る